転職失敗

転職活動を甘くみてはいけません

転職活動を始める開始時期

仕事をしたいと職探しをしても、すぐに働き口が見つかるものではありません。
自分の思い通りにいかないこともあることから、仕事探しをする際はある程度余裕を持って行動に取り掛かるようにしなければなりません。

 

学校を卒業後に社会人として仕事をする場合、学生の間に就職活動を行うことになります。
新卒の就職活動というのは、毎年同じ時期にスタートをしますし、卒業予定の学生が同じタイミングで就職活動を始めます。
ですので、自分で就職活動を始める時期を考えなくても、ある程度流れに乗っていればおのずとスタートをせざるをえなくなります。

 

これが仕事を辞めて転職をするような場合だと、退職をする時期というのは人によってさまざまですので、一斉に転職活動を始めるというようなことはまずありません。
採用を行う側も、新卒の募集とは違って不定期に求人を出していますので、状況をみて転職活動を始めるタイミングというのを考えなければなりません。

 

転職活動をされている方の多くは、仕事をしながらの職探しになるでしょう。
そんな場合、現在の職場に内緒で転職活動を行う必要もあり、なかなか本腰を入れて活動が出来ないというのも実情です。
新卒の就職活動だと、学校が積極的に就職活動のサポートをしてくれますが、転職の場合は孤独な戦いとなるのです。
転職活動は、仕事を探すという点では就職活動と変わりはないのですが、自分で考えたり決めなければならないことがたくさん出てくるのです。
スムーズに転職活動を行うためには、活動を開始する時期の見極めが重要になってきます。

 

計画的に転職活動を行おう

不景気の影響もあり、近年は仕事をしたくても定職に就くことが出来ないという方が増えてきました。
転職活動をしてもうまくいかないという方も多いと聞きます。
そういった方は、焦らずにまずは自分がどういった転職活動をおこなうべきなのか、1度立ち止まって考えてみて下さい。
順序立てて進めていくことで、上手くいかなかったこともスムーズに進むことがあるかもしれません。

 

転職活動の事前準備

まず重要なことは、転職を本当にしてもいいのか決断をすることです。
現在の職場と比べて、転職をすれば自分にとってプラスになるのかをきちんと見極めなければなりません。
生活がかかってくるため給与のことも考えなければなりませんし、仕事内容や職場環境、スキルアップが現状よりも良い方に向かうのかということも考える必要があります。
独身の方の場合と家族がいる方の場合では転職に対する考え方というのも変わってくると思いますが、現在の職場を辞めたい、転職をしたいと思っている理由が本当に将来の自分のために繋がるのか、冷静になって判断をまずはしなければなりません。

 

転職の決意が固まったら、どういった企業に転職をしたいのかを具体的に考えていきます。
自分が求めている転職先の条件を満たしているのか、企業の情報であったり業界の動向に関してきちんと情報収集をして求人に応募する企業を選定していきましょう。

 

本格的な転職活動

希望の転職先をピックアップすることが出来たら、求人の応募作業に実際に入っていきます。
ほとんどの企業では、まず書類選考が行われます。
履歴書や職務経歴書などの必要書類は、余裕を持って準備をしておくようにしましょう。
この書類というのは、単なる個人の情報ではなく採用者側が自分の企業に必要な人材かを見極める非常に大事な書類です。

 

書類選考を通過すると、面接が複数回行われることになるでしょう。
面接は直接採用担当者と顔を合わせる貴重な場でもあります。
自己アピールをすることももちろん大事なことですが、印象良く見られるように身だしなみを整えたり、受け答えの態度には気をつけるようにしましょう。

 

無事内定をもらったら、いよいよ入社に向けての準備に入ります。
内定をもらった段階でその企業の社員であるという自覚を持たなければなりません。
スムーズに業務に入れるように、事前準備をしっかりと行っておくようにしましょう。