転職失敗

転職に向けた事前準備は必ずしておこう!

絶対に退職前に転職準備を

転職をしようとされている方の中には、転職活動は仕事を辞めて落ち着いてからと思われている方もおられるかもしれません。
仕事をしながら転職活動をして、退職前に転職が決まった場合は何の問題もないのですが、退職してから転職活動を行うとなると、さまざまな問題というのが生じてきてしまいます。
仕事によっては、仕事をしながら転職活動を本格化させることが難しいこともあるでしょう。
そんな方の場合は、事前に転職活動の準備をしっかりしているかどうかというのが、転職を成功させることがどうかに大きく影響をしてきます。

 

転職活動前の事前準備

転職活動を本格化させる前に準備をしておくことはたくさんあるのですが、準備に時間がかかる可能性が高くまた最も重要となることをここでお話しておきます。
転職活動を始めるまでに必ず準備をしておかなければならないこと、それはお金です。

 

退職をして転職活動を始めるとなると、その間は仕事がありませんので収入が全くなくなってしまいます。
失業保険という国の保障がありますが、自己都合で転職をする場合はその失業保険は退職から3ヶ月後にしか受け取ることが出来ません。
ですので、その間は全くの無収入になってしまいます。
また、失業保険も受け取れる期間に限りがありますので、いつまでも失業保険に頼ることは出来ません。

 

転職活動中にかかる費用

転職活動中というのは、収入が失業保険以外にありません。
その中で食費や光熱費などの必要最低限の生活費をまかなっていかなければなりません。
転職活動中というのは採用試験を受けるために企業を訪れる際に交通費がかかったり、面接のためにスーツなどのビジネス用品を揃えなければならず、思った以上にお金がかかってきてしまいます。
そうなると、失業保険でもらえる額では足りませんので、貯金を切り崩すことになります。

 

ある程度の期間仕事をしなくても生活が出来るくらいの額の貯金があれば、転職活動に専念をすることが出来ますが、貯金がないもしくは十分な額でない場合は、生活に余裕がなくなってしまい転職活動に専念をすることが出来なくなってしまいます。
転職活動を行う期間というのは、始めた段階では分かりません。
ですので、余裕をみてある程度長期にわたっても生活が出来るような額を準備しておくようにしましょう。

 

転職に焦ってしまうと

貯金が少ないような状態で始めた転職活動が長引いてしまうと、金銭的にも精神的にも余裕がなくなってしまいます。
そうなると、この状況を1日でも早く奪回をしたいという焦りの気持ちが出てきてしまいます。
そうなると、これまで転職先に求めていた待遇であったり給与の額、スキルアップといった条件のことを考えられなくなってしまい、妥協してでも転職先を見つけたいと思ってしまうようになるのです。
妥協をして選んだ企業というのは、実際に仕事を始めると色々なところで不満が出てきてしまいますので、仕事を続けていくのが嫌になるようなことも考えられるのです。
こういった方は、企業選びを失敗して転職を繰り返すことにもなりかねません。
転職を繰り返すようなことになると、企業側は良いイメージを当然持ちませんので、どんどんと条件を下げて仕事を探さなければならないような状況に追い込まれることになるでしょう。
転職を成功させるか失敗に終わるかは、ちょっとした事前準備にかかっているのです。