転職失敗

退職前の転職活動で気をつけること

仕事をしながらの転職活動時における注意点

生活をするためには仕事をしなければなりませんので、転職を考えておられる方は出来るだけ無職の期間がないように、仕事をしながら次の仕事を探すようなやり方で転職活動をされることが多いでしょう。
しかし、退職をする前に転職活動をする場合は、さまざまなことに気をつけなければなりません。

 

特に気をつけなければならないのは、「他人に口外をしないこと」「仕事と転職活動のスケジュール調整」「退社と入社の日程調整」この3点になります。
なぜこの3点を重点的に注意をしなければならないかを、以下でお話をしていきます。

 

転職活動を他人に口外しないこと

同じ会社で働いている人にとっては、転職をするという話はあまりいい話ではないでしょう。
普段から色々と相談に乗ってもらっている同僚であったり先輩には話しておきたいと思うかもしれせんが、その情報が何らかの形で伝わって社内全体に広がるようなことも十分に考えられます。
そんなことになると、裏切り者のような扱いされてしまい、仕事事態に支障をきたすことも出てくるかもしれません。

 

会社によっては、雇用中に転職活動をしたことによって解雇という措置を取るような場合もあります。
そうなると、自分が計画をしていたタイミングよりも早く退職をしなければならないことになり、転職活動の計画も大きく崩れてしまうことになるでしょう。

 

普段は信頼のしている人でも、転職活動をしているということは余程のことがない限り口外をしないようにしましょう。

 

仕事と転職活動のスケジュール調整を行う

退職前に転職活動を行う場合、これまで通り仕事をしながらも転職活動を進めていかなければなりません。
勤務している会社には転職活動をしていることを伝えることが出来ませんので、転職活動で会社を休むなんてことはまず無理でしょう。
そういったことから、現在の仕事と転職活動で時間に余裕がない日々が続くことになります。

 

仕事と転職活動のスケジュール調整が上手く出来ないと、仕事で失敗をしたり転職活動がスムーズにいかなかったりと、双方にさまざまな支障が出てきてしまいます。
余裕がない精神状態で転職活動を行っても、いい結果になることはまずないでしょう。

 

退社と入社の日程調整

仕事をしながら転職活動をして転職先が決まった場合、現在の職場の退社日と新しい職場の入社日を決めなければなりません。
特に退社をする会社の方は、引継ぎなどの業務であったり退職の手続きを行わなければなりませんので、しっかりとスケジュールを決めておく必要があります。

 

退社日と入社日の間隔はある程度余裕をみておいた方がいいでしょう。
退社日と入社日が重なるようなことになってしまえば、二重勤務になってしまい就業規則違反によって処分を受けるような可能性もあります。
二重勤務を許可している会社はほとんどありませんので、退社日と入社日の調整は綿密に行うようにしましょう。
退職まであと少しの段階でトラブルになることだけは避けたいですよね。